Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D本年の予定

お久しぶりです。
1年間更新が滞っていましたことをお詫び致します。

当方只今大学受験を控えておりまして、まともに将棋が指せていない有り様です。

受験が終わりましたらリハビリがてら将棋倶楽部24をプレイしつつ、変態戦法探求に戻りたいと思います。

それでは、春先にまたお会いしませう(`・ω・´)ゞ
スポンサーサイト

D2手目△7四歩vol.1【後手は角換わりに出来るのか】

 お久しぶりです。
あけましておめでとうございます。ルインです。
本年も楽しく将棋が指せればと思います。

 新年第一回目の今回は2手目△7四歩の研究。
近年はプロアマ問わず石田流というな戦法が流行しています。
私もこいつの対策に悩まされ、散々苦労してきました。
正統居飛車は石田流側の研究にハマる。棒金や二枚銀は軽くさばかれる。相振りは△5四歩に▲7八飛と回られる変化が大変。山本流石田崩しは▲6八飛とされると後手劣化右四間飛車。
トンデモナイ戦法です。危険です。大会なんかで▲7五歩突かれた日には「ひょー!」と飛び上がるしかありません。
「なら▲7五歩なんて突かせなければいいじゃない」という逃げの発想から2手目△7四歩を掘り出しました。
以前指していた時は「力戦志向の手」くらいにしか考えていませんでしたが、今回は潜れるところまで深く潜ってみようと思います。
 本戦法の変化はマイナー将棋ブログ様に詳しく掲載されておりますので、ぜひそちらも参照頂ければと思います。

さて、研究に入って行きたいと思います。

▲7六歩に△7四歩とした基本図。
織田基本図
ここで
▲2六歩からの対居飛車型
▲7八飛からの対振飛車型
に大体二分されます。
本稿では▲2六歩に絞って解説していきます。(対振りの変化も後々解説します)
▲2六歩に対して△3四歩▲2五歩(第一図)まで進むのが定跡手順。
織田第一図
▲2五歩に代えて▲4八銀などでも一局とは思われますが、後手の選択肢が広がるのは先手ありがたくないでしょう。
さて、第一図からは△7二飛▲7八金△3二金▲2四歩△同 歩▲同 飛△7五歩(参考図)から相掛かり・横歩取り調の将棋にするのが従来の手順。
織田参考図

これは先手後手どちらを持っても面白い変化で、互いの棋力が問われる将棋となります。
しかし、「相掛かりってちょっと難しいよね」「俺角換わり党なんだけどなぁ」という方もいらっしゃるでしょう(私とか)。
そこで、今回は第一図から△8八角成!▲同 銀△2二銀(第二図)と指す変化を研究します。
織田第二図
これで▲7八金△3三銀などで局面が収まってくれるならば、角換わり党としては(私としては)大歓迎です。
そこで先手としても第二図はできることなら反発すべき局面です。
第二図から▲2四歩△同 歩▲同 飛と進んで第三図。
織田第三図
これはお互い怖い局面で、先手後手どちらを持っても薄ら寒い変化です。
後手がこの手に最強の反発をするなら△3五角(第四図)。
織田第四図
これに対して▲3四飛とするのは△5七角成▲2四角△3三歩(結果Ⅰ図)で後手指せそうです。
織田結果Ⅰ図
よって第四図で▲3四飛は先手選ぶべき変化ではありません。
先手は平凡に▲2八飛と引くのが好手で、対して△5七角成なら▲5二歩!△同 飛▲5五角(結果Ⅱ図)で先手有利となります。
織田結果Ⅱ図
手順中▲5二歩がぴったりの一手で、王手かつ玉やカナ駒で取れば▲2二飛成なので△同 飛ですがそこで▲5五角が生じました。△7四歩が完全に悪手になっています。
▲2八飛に対して△3二金などでは角を打った意味がありません。後手は生角を活かさなければならないのです。
第四図から▲2八飛△2六歩▲6八玉△4四角▲7八玉△3三銀▲3八銀△2二飛(結果Ⅲ図)と進めるのが後手の改良案。
織田結果Ⅲ図
この手順は殆ど一本道で、▲6八玉に欲張って△3三銀などとするとたちまち▲5五角と打たれ(参考Ⅰ図)、以下△9二飛▲3六歩△4四角▲同 角△同 歩▲2六飛(参考Ⅱ図)となっては後手自信がありません。
参考Ⅰ図で△9二飛に代えて△2二飛の強手もありそうですが、▲9一角成△2七歩成▲5八飛(図略)の局面は後手無理でしょう。
織田参考2図
△4四角で手順に銀に当てて一手稼ぎつつ、飛車回りに成功した結果Ⅲ図は一応優劣不明かと思われます。
以下は先手の持ち角VS後手の主導権という展開が予想されますが、一局でしょう。

以上で今回の研究は終了です。結論は期待値込みで「難しいが後手も指せる」ということにしておきます。
 最後にフラ盤で今回の変化をまとめておきます。

なんか初めてこのブログで研究やった気がする…。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

Dカガリシステム実戦【対右玉】

お久しぶりです。
高2も秋になると諸事忙しくていけませんね。

今回はカガリシステムの実戦譜をご紹介します。
カガシス紹介から一か月ちょい経ちますが、この定跡も日々進歩してきました。
対右玉の理想譜ですのでご覧ください。



いかがでしたでしょうか。
結果は負けですが終盤の詰み云々を除けば常に先手ペースでした。
右玉に対して四間飛車にするのはかなり有力なようです。
…でも負けは負けですからね。対外試合でこのようなことがないよう終盤力と時間の使い方に磨きをかけていきたいと思います。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

D非定跡派の振り飛車!(向かい飛車)

金木犀の微香が辺りに漂い、「あぁ、秋らしくなってきたなぁ…」と思っていたら、また暑くなってきた。
しかも金木犀の匂いしなくなっちゃったし…。そろそろ残暑にも御退散頂きたいものです。

さて本局は向かい飛車の実戦。
たまにはいわゆる「普通の形」も指してみたかったのです。きっと。
あいにく定跡派ではないので進行はかなり違和感がありますが(笑)。
それではご覧ください。



すんなり勝てたので見応えはなかったかもしれません。
こうしてみるとやはり片美濃は堅いですねー…。対振りは今のところ右四間飛車一本ですがあれを急戦で突き崩すのはなかなか骨が折れます(持久戦はそうでもないです)。
私としては振り飛車を指していくことで居飛車側からでは気づきづらい振り飛車の弱点を発見できればなーと思います。

さて、私は明後日から修学旅行です。
なかなか将棋を指す機会はないでしょうが、何かの縁で将棋ができたらなーとか密かな野心を抱いていたりします。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

Dカガリシステムvol.1【非定跡党の創る定跡】

 
 
 【カガリシステム】
 某私立高校将棋部の一部で極秘に研究が進み開発された新戦術。
対居飛車の後手番に於いて4手目△8八角成とするところからスタートする(よって広義での戦型は角換わり)。
陽動振り飛車にして攪乱するのが狙いで、駒組みの段階でやや特殊な序盤を展開する。

対棒銀/△3三銀型四間飛車
対早繰り銀/4筋位取り四間飛車
対▲6七歩型腰掛け銀/6筋位取り四間飛車
対▲6六歩型腰掛け銀/右四間飛車
対右玉/△5四銀左型四間飛車
対▲2五歩型/速攻向かい飛車

相手の戦法を確認した上で最善形に組むことができ、更に各戦法ともに強力な破壊力があるので攻め上手には持ってこい。
研究途上の戦法ではあるものの、主観ながら非常に優秀である。



というのが今回披露致しますカガリシステムです。
その中身は「非定跡党の創り出した変態定跡」。
以前紹介した角換わりの基本とも似ていますがあれを更に突き詰めたのが本システムであるとお考えください。
では恒例のフラ盤を使った解説に移りたいと思います。



各戦法についての局面付き解説も後々時間ができたら掲載予定ですのでご期待ください。
いずれの変化でも互角以上に戦えるのではないかと自負しています。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

Dプロフィール

ルイン

Author:ルイン
24では「ruin orz」なる名で指している。7級(最高)。序盤で若干作戦勝ち→中終盤で逆転負けが多い残念な子。

D最新記事
D最新コメント
D最新トラックバック
D月別アーカイブ
Dカテゴリ
Dカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。