Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D右四間Vol.7【最有力戦法/箱入りの構え】

 △7四歩型右四間穴熊のポイントをおさらい致します。
長所:穴熊に組み切れれば殆ど確実に一方的な猛攻を加えられる
短所:△1一玉と入った瞬間に仕掛けられると陣形をまとめづらい
 あぁ、この世に万能な戦法なんて存在しないんだ。個々人の棋力で短所を補っていくしかないんだね…orz
と、絶望するにはまだ早い。
「陣形がバラバラなのが問題なら、整えてから穴熊に組み替えればいいじゃない」
いわゆるコロンブスの卵的な発想ですが、そんな感じの発想から生まれたのが箱入りの構えです。
縦に金が二枚並んだ形は安定感があり、急戦にしてもよし、持久戦にしてもよし。
何よりも、△1一玉の時に四間側から急戦がないというのが今まで急戦に辛酸を舐めさせられてきた△7四歩型右四間党にとってこれ以上ない朗報でしょう。
さて、現在最有力と目されている(当社調べ)箱入りの構え、ご覧頂きましょう。



穴熊で手を渡すのが好手になる。一手一手の価値を追求する現代将棋では考えられないような時代錯誤ですが、立派に通用するのだから大したものです。
 さて、今回の「箱入りの構え」で右四間研究は少しお休み。
まずい変化が見つかるか、対居飛車の整備が終わったら再開するかもです。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

D右四間Vol.6【△7三歩型右四間穴熊】

 今までの穴熊はすべて△7四歩型でした。では△7三歩型だとどうなるか?
それが今回の考察内容です。



△7三歩型と△7四歩型の特徴を挙げるとこんな感じです。
【△7三歩型右四間穴熊】
長所:先手側からの急戦策が通じない
短所:▲7六銀型にされると手詰まりになりやすい
【△7四歩型右四間穴熊】
長所:穴熊に組み上がればほぼ一方的に攻められる
短所:先手の急戦が刺さり易い(最善を尽くせば互角程度)
どちらを選ぶかは棋風次第といったところでしょう。
今後の研究でどちらかの短所が克服されれば良いのですが、将棋の神様はなかなか思い通りにさせてくれません。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

D右四間Vol.5【穴熊側の工夫】

 一直線穴熊は早仕掛けされると右四間側厳しいのは前述の通り。
しかし少しの工夫を加えれば右四間充分の戦いとなります。
まずは△3二金型からご覧いただきましょう。



個人的には、この作戦はあまり好きではありません。
どうせなら「先手の急戦を完全になくせばいいじゃん」とか思ってしまうわけで。
これを越える対応策を次回までに探しておきます。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

D右四間Vol.4【空中分解する右四間穴熊】

 前回一直線穴熊について簡単に触れましたが、今回はその構想を一撃で断ち切る変化をご紹介します。
四間飛車党必読の稿と言ったところでしょうか(笑)。
実戦でもよく出てくる筋なので、ぜひ覚えて頂ければと思います。



以上のように、先手に隙なく構えられると穴熊は空中分解してしまいます。
では右四間穴熊はもうダメなのか…?
とお思いになるかもしれませんが、決してそんなことはありませんのでご安心ください。
次稿では右四間穴熊側の急戦対策をご覧頂きます。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

D右四間Vol.3【右四間穴熊・基本の構え】

 対振り飛車右四間穴熊は一方的に堅陣を構築でき、また互角以上のさばきを期待できるというまさに理想的な戦法。
急戦や居飛車穴熊に比べれば、その勝ちやすさには雲泥の差があります。
対振り飛車にはこれ一本とできるように、他講座より力を入れていくつもりです。




今回は基本的な駒組みについての解説でしたので先手が殆ど無策に近い状態でしたが、ここまで一方的にはならないのが将棋の難しいところ。
次からは先手の工夫と後手の対応策についてを解説します。
Dプロフィール

ルイン

Author:ルイン
24では「ruin orz」なる名で指している。7級(最高)。序盤で若干作戦勝ち→中終盤で逆転負けが多い残念な子。

D最新記事
D最新コメント
D最新トラックバック
D月別アーカイブ
Dカテゴリ
Dカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。