Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D右四間Vol.7【最有力戦法/箱入りの構え】

 △7四歩型右四間穴熊のポイントをおさらい致します。
長所:穴熊に組み切れれば殆ど確実に一方的な猛攻を加えられる
短所:△1一玉と入った瞬間に仕掛けられると陣形をまとめづらい
 あぁ、この世に万能な戦法なんて存在しないんだ。個々人の棋力で短所を補っていくしかないんだね…orz
と、絶望するにはまだ早い。
「陣形がバラバラなのが問題なら、整えてから穴熊に組み替えればいいじゃない」
いわゆるコロンブスの卵的な発想ですが、そんな感じの発想から生まれたのが箱入りの構えです。
縦に金が二枚並んだ形は安定感があり、急戦にしてもよし、持久戦にしてもよし。
何よりも、△1一玉の時に四間側から急戦がないというのが今まで急戦に辛酸を舐めさせられてきた△7四歩型右四間党にとってこれ以上ない朗報でしょう。
さて、現在最有力と目されている(当社調べ)箱入りの構え、ご覧頂きましょう。



穴熊で手を渡すのが好手になる。一手一手の価値を追求する現代将棋では考えられないような時代錯誤ですが、立派に通用するのだから大したものです。
 さて、今回の「箱入りの構え」で右四間研究は少しお休み。
まずい変化が見つかるか、対居飛車の整備が終わったら再開するかもです。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

ルイン

Author:ルイン
24では「ruin orz」なる名で指している。7級(最高)。序盤で若干作戦勝ち→中終盤で逆転負けが多い残念な子。

D最新記事
D最新コメント
D最新トラックバック
D月別アーカイブ
Dカテゴリ
Dカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。