Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D△9五歩型振り飛車Vol.1【現代に蘇った阪田新手】

 今回は△9五歩型角交換振り飛車について。
本戦法は序盤早々の端歩突きが特徴となっております。
 2手目△9四歩といえばかつて阪田三吉が初代実力名人を懸けた大一番で木村義雄に対し放った奇手として知られています。
阪田はその奇手が裏目に出て敗れたのだと当時の観戦記などには書かれておりますが…。
この「阪田新手」は長い時を経て現代将棋に受け継がれました。
(参考文献:『佐藤康光の力戦振り飛車』『角交換振り飛車 応用編』『ハチワンダイバー 14』等々)
参考文献の数が割と多かったのも、その手が衝撃的であったこと、そして現代将棋に変革をもたらしたことをを表す事象のひとつでしょうか。
 さて、棋譜解説に入りましょう。
▲7六歩△3四歩▲2六歩に△9四歩。当然の▲8五歩に△9五歩。
初見だと「ナニヤッテンダコイツ」と思われるかもしれませんが、実は非常に合理的な戦法なのです。



意外と後手が指せるので近年はプロでも時折見かけます。
次回は先手の急戦策について解説します。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 懐かしいものを思い出した

袖飛車ですかぁ
あれは居飛車正統派の方が結構戸惑ってくれるんで私も愛用している戦法ですね(・ω・)
とりあえず乱戦になればこっちの思惑通りですし(笑)
Dプロフィール

ルイン

Author:ルイン
24では「ruin orz」なる名で指している。7級(最高)。序盤で若干作戦勝ち→中終盤で逆転負けが多い残念な子。

D最新記事
D最新コメント
D最新トラックバック
D月別アーカイブ
Dカテゴリ
Dカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。